名西カワサキ

TOP 販売商品 整備日誌 車検・点検について イベント 店長紹介 店舗案内 お問い合わせ
  
店長BLOG
  
営業日カレンダー 
カワサキのお得なキャンペーン!
利用しない手はない! お得なキャンペーンです。

● Zフェア
● KAZEメンバーサンクスキャンペーン
● ブライト『ツーリングに行こうキャンペーン』
● ZX-14R ABS Hight Grade 発売記念キャンペーン
お知らせ
★ 名西カワサキfacebookもご覧ください。

http://www.facebook.com/meiseik

整備日誌

ZZR400のトラブルレポート(ガソリン)

  
少し前に彦根まで引き取りに行った修理車、ZZR400(N型)のキャブレターを分解してみました。

症状は、『エンジンが停まってしまい、再始動してもすぐに停まってしまう』というもの。

つい1週間程前にお店で車検を行った車両だけに、『!何かミスったか???』
と、急いで救助に駆けつけたのですが、このバイク、前回の車検以来2000キロしか走っていないために、基本的な点検整備以外では、エンジンオイルとフィルターの交換しか行っていない車両。もちろん、費用を抑えたいお客様の了解の上ですが。

分解前に写真を撮っておくべきでしたが、サッとキャブレターを分解清掃して他のフューエルポンプなどの点検をメインに考えていたので、記録まではしていませんでした。

確かにずいぶんと黒く汚れたキャブだな・とは思ったものの、3万キロ以上も手を加えることなく使用したキャブなら仕方が無いか・

と思っていたのですが・・

キャブレタークリーナで洗浄を始めて、ビックリでした。

スロットル全閉時のバックファイヤ等で、カーボンなどが付着して黒くなっているのは珍しくないスロットルバルブ周辺、いつもの通り綿棒とキャブレタークリーナを使って綺麗にしていくと、とんでもなく硬い固形物が大量に付着しています。

普通だったら1気筒1本の綿棒で綺麗にできる汚れが、擦っても擦っても取れてくれません。

結局、キャブレタークリーナをかけつつ、10本以上の綿棒を使い、シコシコと擦り続けてやっと固形物を取り除くと、その下には、写真の通り、腐蝕痕がいっぱい。

鉄板のひどいサビを取り除いた時の状態と同じです。

4万~5万キロ以上使い続けたキャブレターの清掃は何度も行ないましたが、このような腐蝕痕がついたキャブレターは初めてでした。

こちらは、エアークリーナ側。

さすがにカーボンの量は少なめですが、何なのでしょうか?
 固形物がへばりついています。


まだ清掃中なので、このキャブレターの汚れが今回の不具合の原因なのかどうかは解りませんが、彦根まで引き取りに行った帰り道の高速道路でオーナーのお客さんから聞いた話が引っかかっています。

 SOSの電話をもらった時、『オイルランプが点いて、エンジンがかからないんですよ』・というのを聞いて、一瞬ハッとし、『オイルの入れ忘れなんて無いはず』・と心配しつつ現場へ行って、オイル窓をのぞいて見ると、しっかり入っていて安心したのですが、窓に見えるオイルは真っ黒けでした。

 自分で言って忘れてしまっていたのですが、

 『そー言えば店長、2000キロしか走っていないのにディーゼルエンジンみたいに黒いオイルが出てきたって言ってましたよね』

そう言われて思い出しました。

私:『そうそう! オイルが真っ黒でビックリしたわ!、そういや今もすでに真っ黒けだよね!』
  『あれから(オイル交換してから)何キロ走ったっけ?』

彼:『100キロ走ってないですよ!』

私:『ゲッ!』

彼:『入れているガソリンが悪いとそんなことって有り得ますか?』

私:『そりゃぁ、関係ないことは無いけど・・・ ?』

彼:『実はですねー、私が入れているスタンドですけどね、あそこでガソリン入れるとエンジンが壊れるってウワサがあるんですよ』
  『でも、安いんでそこで入れてるんですけどね・・・苦笑』

私:『そんな、エンジンが壊れるような粗悪ガソリンなんて、日本でそんなトコあるの!?』

彼:『私が乗ってる車(スカイライン)を修理に出している整備工場の人が言うんですよ』
   『あそこでガソリンを入れた車はエンジン開けるとすぐ解るって』

私:『え゛ぇーー!?』

その時は、そこまで粗悪なガスなんてあるの??? と思っていましたが、今日こうしてキャブレターを分解してみて、『怪しいかも!』
そう思った次第です。
引き取りから帰って来て、すぐに抜いたオイルは確かに新品から100キロも走っていないとは思えない黒さで、しかもちょっと鼻に付く臭いもありました。
そして、こちらが取外したスパークプラグ。

正直な感想は 『思ったよりきれい』・でした。

引取時には2気筒は不発の状態でしたが、このプラグを見る限りは、俗に言う『カブリ』が原因ではなさそうですね。

取外したスパークプラグを見て『こりゃちょっと濃いな!とか薄いな』などと言う言葉を聞きますが、最近のエンジンはプラグの色だけを見て空燃比の推測ができない場合も多いようです。

今回のプラグも焼けだけは正常だと思いますが、周囲に付いているカーボンの質がどうも違うような気がします。

カーボンの粒がデカイんですよね。
使い込んだ2サイクルエンジンなどで、燃焼室のカーボンがスパークプラグの電極に挟まってしまって失火し、エンジンが停まってしまうトラブルがごく稀にありましたが、その時に見るプラグを思い出しました。

このスパークプラグを清掃し、できるだけきれいに洗浄したキャブレターを取り付けて、エンジンオイルを入れ、エンジンを始動してみました。
結果はOKでした。
引取前、1000回転強だった(はずの)アイドリングは、冷機時でも2000回転を超えていました。

1200回転程度にアイドリングを調整し、同調をとり、キャブからEPLを充分にスプレーし、完全に調子の戻ったエンジンを確認してから実車のタンクを載せ、入っていたガソリンを全て抜き取り、新しいガソリンを入れて試乗を行いましたが快調に走ってくれました。

ZZRは実に乗り易くて良いバイクだなぁ・と改めて実感した程です。

とりあえず、後はオーナー自身に乗ってもらって最終確認です。

今のところ、『やっぱり使用していたガソリンが原因だったのでは?』というのが結論なんですが、偶然にも昨日、灯油を混ぜたガソリンを販売していた業者が摘発されてニュースになっていました、しかも愛知県で・。

それと、またまた、タマタマ?なんですが、この週末にガレージから2台のバイクを引っ張り出してきて整備をしたのですが、これがまた驚きでした。

お店のガレージで保管をしている2台なのですが、『昨年の5月以来一度もエンジンをかけていないのでキャブが詰まっていると思いますから乗れるようにしといてください』 というオーナーさんの要請で整備をしました。

昨年の5月以来、猛暑の夏を過ぎて、さらにまた夏、自分の経験でもキャブの詰まりは間違いないだろう・と思ってセルを回してみると・・・・
1台はバッテリーが逝ってしまっていたので別電源で、もう一台は自力でちゃんとエンジンが始動しました。
しかもしっかりとアイドリングもしています、何にも異常がありません。
びっくりでした。

この人、『バイクに入れるガソリンはハイオク!』という人です。

『そこまでしなくても・』正直そう思っていましたし、新車を購入されたお客様にも『レギュラーで大丈夫です』と説明しています。

実際、メーカーも『日本国内で使用する場合はレギュラーガソリンでOKです。』と言っているので大丈夫だとは思うんですが、こうも色々と不具合例が続くとちょっと心配になってきます。

『満タンで保管していたんですけど・・・』というゼファー750は、タンク内が満遍なくうっすらと錆ていて、フィルターを透過した細かい錆がキャブレターを詰まらせていたし・・・こちらはアルコールが混ざっているんでしょうか?

どうなているんでしょう?日本のガソリン。

ハイオクとの差を解りやすくするために敢えてレギュラーの質を下げている・そんな感も以前から有りますが、
愛車を調子良く乗り続けるためにはハイオクを入れておくと間違い無さそうですねー。

しかし、何かハメられているような気もしてくやしい気分です。

このZZR400のその後の調子に付いては今後もレポートしてみたいと思います。